”柔軟に体制を整えてくれたりするところがすごくありがたい”

名前:山本 紗織(やまもと さおり)
所属:ネットワーク事業部 施工管理課

入社のきっかけ

新卒での就職活動中だったので、業種にこだわらず色々な企業を見ていました。その中で大学生時代の後輩指導の経験から、人を教育しながら何かプラスのことを作っていきたいと思い、住宅業界や営業職、事務などを見てからコールセンターまで視野を広げていました。そのコールセンターの面接でオーエフに来た時に、当時対応してくれた総務の方がとても話を聞いてくださる方で、こういう人がいる会社だったら何か困ったことがあっても相談しやすくて安心できるなと感じたのでオーエフに就職を決めました。

業務について

今はネットワーク事業部の施工管理課で事務をやらせていただいています。主な仕事は、工事前後や工事中に必要な書類の作成、工事完了後に納品する完成図書というものの仕上げ作業です。

工事関係の書類をもう少し詳しく言うと、「どんな人が現場に入りますよ」という安全書類といわれるものに始まり、「工事に必要などこの部屋に何の機器が何個付きますよ」というような資料などを作成しています。完成図書には、試験結果を入れたり、撮影してきた写真を添付したりして仕上げています。

事務の仕事は全部自分一人でやるものになるので、自分を疑ってチェックしながら進めています。

仕事のやりがい

正直、ひとつひとつにもの凄く達成感があるような仕事ではないんです。その中で、図面を没頭して見ている時、こんな部屋があるなとか、面白い設備があるなとか、そういうことを発見していくことが楽しかったりします。

部下に仕事を教えることもありますが、その時に自分が伝えたかったことを理解して着々と進めていくところを見られるとすごく安心しますし、よかったなって思います。逆にすり合わせながらやっていかなきゃいけない作業をどうやって説明するか、自分の判断でやってもらうところと、担当に聞いてやっていくところの線引きには難しさを感じます。

これからチャレンジしていきたいこと

今の施工管理課事務というチームをもう少し強くしていきたいなと思っています。現場の担当の人が作成している書類もまだまだ多いので、それらを巻き取って、一元化して効率よく、まとまった稼働をつくってやっていきたいと思っています。なにか便利ツールを使用したほうがいいのかなと思ってはいるのですが、それを作るにあたってかなりの労力が必要になるでしょうから、それも視野に入れつつまずは自分たちが強くなることを目指してやっていきたいです。

オーエフという会社について

個人的な話になりますが、今回人生の節目として出産をして育児休暇をいただいたり、時短勤務をとらせていただいたり、あまり前例がないことをやらせていただいたんです。その時に親身になって相談に乗ってくれたり、柔軟に体制を整えてくれたりするところがすごくありがたかったと感じています。「会社として決まっていることだから」みたいな感じではないところが、オーエフの特徴であり魅力だと思います。

1日の流れ

会社に着いたらまず施工管理課全体で朝礼をやって、その後に事務で集まって前日の振り返りと困っていることがないかなどを話し合っています。朝礼が終わると、前日から来ていたメールの確認や、チャットツールにも依頼や確認事項が来ていたりするのでそれを確認して、タスクの整理をします。その後は、午前中に急ぎの作業があれば先に片付けて、他の事務と被らないように先にお昼休憩に出ます。午後は急ぎではない作業や、午前中から増えた作業をやっていきます。その日その日で内容は全く変わってきますね。

応募を考えてる人へメッセージ

事務の仕事に限らずいうと、日々のやることをこなしつつ、やりたいことは周りに相談したり、実行に移せるような社風なので、やりたいことがある人も、まだない人も、業務に関わりながらやりがいを見つけていける環境だと思います。

施工管理課の事務の仕事でいうと、常に自分で自分を疑って間違いを見つけていかなければいけないので、そういう目線を持てる方が向いていると思います。興味があればぜひ応募いただければと思います。

その他のインタビュー

TOP