オーエフについて

名前:岩崎 辰哉(いわさき たつや)
役職:取締役

― オーエフは「マンションインターネット」を起源とする会社

会社としては設立して20年とまだ若い会社ではありますが、どういう業界に根ざしているかで言うと大きく二つあります。一つは「ネットワーク事業」、そしてもう一つが「エネルギー事業」で、会社としては「ネットワーク事業」を起源としています。

「ネットワーク事業」で具体的にどういったことをやっているかというと、ネットワーク領域の中でも「マンションインターネット」をメインのビジネスとしています。NTT東日本さん、NTTコミュニケーションズさんをはじめとするNTTグループ、それと住友不動産さん、大京さん、三井不動産さんといった大手マンションデベロッパー様が当社のメインクライアントです。

2000年代に、いわゆる「ブロードバンド」が登場する以前は、マンションでインターネットを使いたい場合、各部屋で個別にNTTに申し込んで、回線を引き込む必要がありました。それがブロードバンドの時代が到来すると、100世帯、200世帯が住む分譲マンションでは「インターネットがあって当たり前」という時代になります。

100世帯クラスになるとそれぞれの部屋で申し込んで契約をするというのは手間ですし、当たり前にインターネット回線を引き込むのであれば私たちのほうで用意してあげましょう。そして単純に用意してあげるだけではなく、通常よりも太い回線を引き込んで100世帯で回線をシェアすることによりコストメリットが得られるビジネスにしましょう、というのがマンションインターネットと呼ばれるものです。

― 黒子になって必要なサービスをすべてワンストップで提供

このビジネスモデルを思いついたのが当社の前会長の西山統なんですが、取引先にこの企画を持ち込むと「このビジネスモデルは面白い」となってプロジェクトが動き始めたんですが、このマンションインターネットビジネスをサービス提供するにはネットワークの設計、構築、そして保守・運用が必須です。そこで「マンションインターネットに必要なサービスをすべて当社が黒子になってワンストップで提供する代わりに皆さんの名前で売ってきてください」、という風にして生まれたのがオーエフのマンションインターネットサービスになります。

当社ではマンションインターネットに必要な設計や、実際に各部屋にケーブルを敷設する施工技術、それに足回り回線と呼ばれる太い回線を用意することも可能です。また、入居したあとに「インターネットが使えなくなった」のようなトラブル発生時にお客様が問い合わせる先のカスタマーセンターや、通信状況に問題がないかを見守る監視センターの機能も保有しています。さらには遠隔によるサポートで解決しない場合は「現地対応(駆け付け)」をして復旧するところまでをサポートの範囲としています。

この「設計・施工」「回線」「保守」「サポートセンター」「現地対応」という5つのサービスをワンストップで提供できるのが、私たちオーエフにあってほかの会社にはない機能です。

施工の部分で売上を作りながら、各世帯からのインターネット利用料金が毎月ストックで入ってくるこのビジネスモデルを15年ほどやってきましたので、現在も当社の売上を下支えしており、当社の経営基盤となっています。

また、ネットワークという領域においては、クライアントから例えば「病院でこういう風なネットワークを作りたいんだけど」や、病院以外でも最近でいえば教育機関からも「ICT化が進む中でこんなネットワーク基盤が作りたい」のような相談をいただくことが増えてきました。

今は色々なものをネットワークで管理する時代になってきているので、マンションインターネットをベースにやりながら、例えば大きな複合施設を作る「統合ネットワーク」のような方法で管理したい、といったニーズにもここ数年は多く対応しています。

― 体制が変わったのを機に対外的に打ち出していくことに

マンションインターネット事業で培った技術・ノウハウを活用してほかの事業に展開出来ないかと考えた中で出来あがったのが、今のもう一つの柱である「エネルギー事業」です。

このエネルギー事業では太陽光発電設備のO&M(保守・メンテナンス)サービスを約8年ほど前に立ち上げました。地面に直接設置する「野立て」太陽光、それに屋根上の太陽光発電設備、この両方に対応しています。

約3年ほど前、このエネルギー事業がようやく2本目の柱になってきたころ、前会長の西山統が会長職を退くことになり、現体制に変わったのを機に、会社としてこれまで黒子に徹してサービス提供してきたところを、もっと対外的に打ち出していこうということで、現在の「インフラを現場、技術、監視でサポートする確かなチカラ」というキャッチフレーズが生まれました。

― オーエフで働く人たち

会社の7-8割が技術者です。当社のサポートセンターも、通常であれば技術的なお問合せがあればそれを取り次ぐのが一般的なカスタマーセンターですが、当社では問い合わせに対して技術的なことを咀嚼(そしゃく)しながらサポートするので、カスタマーセンターではなく「テクニカルサポートセンター」という表現を使っています。つまり当社のサポートセンターで働いている人間も私はエンジニアだと思っています。

そういう考え方からすると、当社は「技術者が活躍できる会社」ということが言えるかと思います。。

前会長の西山がよく「人生は一度しかない」と言っていたのですが、だからこそやりたいことを見つけて、会社という環境をうまく利用しながら自己実現だとか自分のやりたいことをやるべきだと、私は新卒のときからずっと言われ続けてきました。なのでエネルギーの事業部を立ち上げる際に、私は西山に対して「しっかりと利益・売上を出すので、この事業を責任者としてやらせてください」言ったところ、「いいよ」と快く受け入れてくれました。その時に初めて西山がずっと言ってた言葉の意味を理解した気がしました。

話を戻しますが、これは技術者だけの話をしているのではなく、営業の人にも同じことが言えて、それなりの覚悟をもってやれるのであれば、この会社はどんどん仕事を任せるし、任せてもらえる環境があるというのが大きな強みだと思っています。今どこかの大企業でやりたいことがなかなか出来ないとくすぶっている人は、それを実現できる会社が世の中には当社含めてあるのだということを知っていただき、それにトライが出来る人と一緒に働けたらと思います。

今後に関しては、当社はメーカーでも商社でもなんでもなくて「技術集団」なので、やりたいと思ったことが技術的にできれば、どんなことにでも挑戦できると思っています。

「ネットワーク」と「エネルギー」というインフラは絶対になくならないもので、ニーズは今後も増え続けていきますから、これまで培った技術やノウハウを使ってビジネスをいかようにも出来ると思っていますし、会社がもっと大きくなるポテンシャルがあると思っています。

この基盤をうまく使いながら「こんなことがやりたい」みたいな想いを持った人たちが集まってどんどん新しいサービスが生み出せるような会社にしていきたいと思っています。 「ネットワーク」においても「エネルギー」においても、「オーエフに頼んだら間違いない」「ナンバーワンだしオンリーワンだね」って言ってもらえる会社を目指しているし、それを実現出来る可能性を大いに秘めていると思っています。

TOP